本物の明石だこ

最高品質が明石の証し

■ 明石だこブランドは曖昧

実は、明石だこのブランド定義は曖昧で、どこからどこまでの漁場で獲れたものが
明石だこなのか、明確になっていません。
明石市以外で水揚げされたタコを明石だことして流通しているのが現状です。
金楠では明石市内の漁港で水揚げされたタコだけを明石だことして取り扱っております。

■ 日本有数の好漁場「鹿ノ瀬」

金楠では創業以来100 年間、主に明石海峡の『鹿ノ瀬(しかのせ)漁場』
周辺で獲れた真ダコを明石だことして取り扱っています。
私たち明石の港町で生まれ育った人間にとっては、鹿ノ瀬の真ダコこそ
『明石だこ』であり、どこのタコよりも美味しいと感じています。
そのおいしさが全国に知れ渡り、タコといえば明石産が最高と言われるように
なりました。私たちにとっては鹿ノ瀬漁場のタコこそ『本物の明石だこ』。
日本でいちばん美味しいと言われるその「明石だこ」を、
これからも皆様の食卓にお届けいたします。

■ 金楠のこだわりの茹で方

1ミリのための1秒

タコは茹ですぎると硬くなり、美味しさが損なわれます。
大きさにもよりますが、明石だこは「1ミリの芯を残す」ことが最高の茹で上がり状態です。
茹でる時間がたった1秒違っただけでも、茹できれなかったり、茹ですぎたりするので、
大きさや形の違う大量の明石ダコを全て均一に茹で上げるのは至難の業なのです。
これは機械では絶対に不可能で、長年の経験を積んだ金楠の職人だからこそ可能な
匠の業です。職人は、ひとつひとつ明石だこの大きさを確認し、最適なタイミングで
タコをボイル槽へ入れていきます。

全て同じおいしさで仕上げる

金楠水産が手掛ける全てのたこが美味しくなるように、細心の注意とありったけの愛情を注いでいます。たこの大きさや状態を確認しながら、それぞれに適した塩の量や茹で時間を加えることで、たこの美味しさを最大限引き出しています。
茹でや急冷に使う井戸水は、硬度800にも及ぶ超硬水。この水も金楠の蛸を美味しくする大事な要素です。
明石だこの最大の魅力である「歯応え」と「旨味」を十二分に引き出す茹での技術で、すべてのたこを等しく美味しく仕上げています。

関連の求人