青と緑のコントラストが最高!爽やかな潮風に囲まれる淡路島を満喫してみませんか?

夏は南へ!【淡路島】編

△ちょっと足をのばせば素敵なまちが待っている!休日は東西南北どこへいこう?

ー夏は南へGO!【淡路島】編!青と緑のコントラストが最高!爽やかな潮風に囲まれる淡路島を満喫してみませんか?

明石から車や高速バスで1時間弱、世界最大のつり橋、明石海峡大橋を渡ればすぐに行けてしまう【淡路島】

今回紹介するのは夏の淡路島!休日は観光に!アウトドアに!魅力的なまち【淡路島】を紹介していきます!

青い空と海に囲まれ、自然いっぱいの淡路島のオススメをざっとご紹介していきます!

それではいってみよう!!

 

・まずご紹介するのは、なんといっても明石が世界に誇るつり橋【明石海峡大橋】です!

 橋長3,911m、中央支間長1,991mの世界最大の吊橋で、およそ10年の歳月をかけて1998年(平成10年)4月に完成しました。

 ドライブ中の景色も最高です!ワクワクが止まらない!

橋に興味がある方はツアー等もあるので一度体験してみてはいかがでしょうか?

 

 ・淡路島に到着したらサービスエリアで休憩を!とっても魅力的なSAですよ!

・まず淡路島でご紹介する夏の風物詩、ひまわり畑を楽しめるオススメスポット2箇所!

①【花さじき】

花さじきは花の島にふさわしい花の名所として、平成10年4月から設置された施設です!
標高298~235mの海に向かってなだらかに広がる高原に花畑が広がる大パノラマは圧巻の一言!

ひまわりは7月下旬から8月中旬が見頃です!

夏はこのほかにも上旬にはバーベナやクレオメ、下旬にはブルーサルビア等の様子も楽しめます!

愛らしい花々が眼下に広がる花のジュウタンを自由に散策して自分の席を見つけてみてください!
 

②【淡路島ファームパークイングランドの丘】

54ヘクタールもの広さを持つ広大な農業公園です!

遊具や羊の放牧場、自家工房、バーベキューハウス、レストランなどを拡充し、2001年4月にリニューアルオープンしました!

 

毎年、約10万本のひまわりが見頃となる7月中旬から8月下旬に合わせて【ひまわり大作戦】という恒例のイベントも開催されます!

園内12カ所のひまわり畑に植えられたヒマワリが順次開花し園内を黄色く染めます!すごい!

ぜひ足を運んでみてください!

 

・ここでランチタイム!淡路島といえば!という鉄板料理、オススメ店をご紹介!

①うずの丘

濃厚うにスープを使った海鮮のしゃぶしゃぶが人気!

 

②うおたけ鮮魚店やけんど 海鮮どんや

海鮮丼ならこのお店!贅沢な一品!

 

③麺乃匠 いづも庵

淡路島の特産品「たまねぎ」を存分に味わえるつけ麺がオススメ!

 

・お次は淡路島のアウトドアスポット!夏はキャンプにグランピング!パラセーリング、SUPなどマリンスポーツもオススメ!

まずはこちらのアウトドアリゾートをご紹介!

 

淡路島じゃのひれアウトドアリゾート

淡路じゃのひれアウトドアリゾートは「宿泊体験」「釣り体験」「食の体験」「イルカふれあい体験」「海上散歩体験」「農業体験」が楽しめる体験型複合アウトドア施設です!

オートキャンプ&コテージでの宿泊、海上釣り堀や海上筏でのフィッシング、BBQやレストランでの淡路産食体験、心癒されるイルカとのふれあい、シーカヤック&SUPによる海上のお散歩、オリーヴの栽培・収穫、手作りクラフトや天体観測、海ほたるの観察などここでしか味わえない大人の方から子どもまでワクワクすることが盛りだくさんなリゾート!

ここに来ればアウトドア体験はほとんど解決!

 

・近年、アウトドアと快適さを兼ね備えた新しい体験型旅行「グランピング」が注目されていますね。グラマラス(魅惑的な)とキャンピングを掛け合わせた造語で、テント設営や食事の準備などの煩わしさから旅行者を解放した「良い所取りの自然体験」に与えられた名称の「グランピング」。ここ淡路島も「グランピング」が楽しめる施設がたくさん!その中でもとっておきのスポット3か所!ご紹介します!

 

①グランピングリゾートAwaji

淡路島エリア初のドーム型グランピング施設!

直径7m~の大型ドームテントには冷暖房が完備され夏でも快適!テント横には個別のシャワーブース・トイレも完備されており、アウトドアが苦手な女性やお子様でも安心して利用できます!
また、各ドームテントの専用スペースにファイヤーピットがあるので、焚火を使ったアウトドア体験もできる!

 

②グランマーレ淡路

淡路島の玄関口・淡路市に位置する約2700㎡の広い海辺の立地にわずか5棟だけの施設!客室は淡路島の青い海と空が目の前の全室オーシャンビュー


全棟に客室温泉風呂を完備したグランピングテント有するこの施設では、穏やかな海風と波音に抱かれる心満たす海辺のひとときが過ごせます!

 

③グランシャリオ北斗七星135°

東経135°、その線上に繭の中にいるようにつくられた丘の上のコクーン(客室)で、海、星の輝き、島風などの贅沢な自然で包み込まれた別格のスポットです!

淡路島の食材にこだわった美味しいお食事も魅力です!

 

やっぱり淡路島の魅力はなんといっても大自然!アウトドアが大好きな方も苦手な方も淡路島でなら素晴らしいひと時を過ごせますよ!

キャンプやグランピング、ぜひ淡路島で体験してみてください!

 

・淡路島にはお洒落なカフェもたくさん!最後にオススメ3選!どうぞ!

①miele

淡路島の海が一望できるオープンデッキカフェ。 『ミエレ』はイタリア語で『はちみつ』の意味。

インスタ映えメニューと淡路島の食材を思いっきり楽しんでください!

 

②幸せのパンケーキ 淡路島リゾート

全国展開されている名店ですが、ここ淡路島の店舗はリゾート施設に風変り!オンリーワンの味と楽しみを!

 

③GARB COSTA ORANGE

薪窯で焼いた本格ピザを、目の前に海が広がる抜群のロケーションでどうぞ!スイーツもおいしいですよ!

 

―夏は南へGO!【淡路島】編!いかがでしたか?ちょっと足をのばせば大自然が魅力的な淡路島とであえる!

  休日にさっと淡路島へ行ってみてはどうですか?