"本格的な明石焼き"をお洒落なカフェで

タコあしCAFE

こんなところで明石焼き?!

 

魚の棚から少し離れた明石銀座の一角。2022年1月7日にオープンした「タコあしCAFE」は新しい試みを地元の方に提供する面白いカフェです。なにが面白いかというとズバリ、お洒落なカフェで地元名物である明石焼きが頂けるということです。カフェでわざわざ明石焼き?と思われた方。このお店の明石焼きを是非食べてみてください。必見です。

 

地元「明石」を愛する気持ち

 

オーナーは「タコあしCAFE」の横にある健新不動産販売株式会社の代表。オーナーの友人であった長谷さんが「タコあしCAFE」の店長を務めています。地元が明石の長谷さん。仕事の関係で長く和歌山に住んでいましたが、オーナーから横の物件に空きができたからお店をしないかと話を持ち掛けられたのをキッカケに明石へUターン。子供の進学のタイミングも重なり明石の子育て支援が手厚い事や、なによりもいずれ地元の明石に戻りたいと思っていたことで話はとんとん拍子に進みました。店長の長谷さんが約20年間明石焼き店で働いていた経歴を活かし「明石焼き」のお店を始める事になりました。

「明石焼きって地元の名物でお店もたくさんあるのに、県外から来た人たちがお店にたくさん並ぶので案外地元の人たちって食べない事が多いんです。なので地元の方たちが気軽に寄って楽しんでもらえる明石焼き屋さんをしようと思ったんですよ。」

明石を愛する気持ちは、地元の方にフォーカスしたお店作りをするうえで大切な要素となっていました。

 

誰でも気軽に立ち寄れる“万能カフェ”

 

お店のスタイルを「明石焼き専門店」ではなくカフェにしたのはお客さんの間口を広げ、より多くの方に気軽に楽しんでもらえるようにする為。外観は職人さんが手掛けた個性的なレンガ造り、内装も今の時代にピッタリ合ったスタイリッシュな雰囲気でお店にいるだけで少し特別な気分になれます。

「タコあしCAFE」はその名の通りカフェ。美味しいコーヒーやたくさんドリンク、サンドイッチやスイーツの軽食はもちろん、定食まで食べることができる万能ぶり。

「家族でご飯を食べにきてもいいし、一人でぶらっとコーヒーだけ飲んで帰ってくれてもいいですし。好きなようにこのお店を利用していただければと思っています。ただ明石焼きを食べてもらってビックリしてもらうのが一番嬉しいです。」と話してくれた店長さん。

「本格派」な明石焼き

 

“こんなスタイリッシュなカフェでわざわざ明石焼き?失敗しないかな?”と思われる方は多いはずです。しかしここの明石焼きは期待を裏切りません。長年明石焼きを手掛けてきた経験を生かしてつくられる明石焼きは”だし”にこだわった「本格派」。当たり前のことを大事にしたいと話す店長さんが作る明石焼きはとてもシンプルでいて専門店に引けを取らない完成度の高い一品になっています。一口食べると思わずこう思ってしまうはずです。

“次から明石焼きを食べるならここがいいかもな”

“ギャップ”勝ち

 

「とにかく楽しんでほしい。そして気軽に寄ってほしい。地元のおじいちゃんおばあちゃんやお子さん、休憩中のサラリーマンやOLの方。誰でも大歓迎です。」と話してくれた店長さん。

人口も増加し活気が出始めている明石をもっと良くしたいと願う店長さんの気持ちが溢れた「タコあしCAFE」。スタイリッシュな空間で美味しい明石焼きを食べる“ギャップ”を一度体験してみてはいかがでしょうか?

「明石に良いカフェが出来たから連れて行ってあげる。どれも美味しいけど“明石焼き”食べてみて。」と誰かに伝えたくなること間違いなし。ぜひ立ち寄ってみてください。

住所 兵庫県明石市鍛治屋町4‐22
営業時間 9:00~18:00  日曜営業
定休日 水曜日
駐車場 近隣にコインパーキング有
クレジットカード
座席数 22席
貸切可否 可 ※要予約
予算目安 ~¥1,000
お子様対応